歌舞伎町へお出かけ


IMG_2631
昨日はある人・・・ギタハロさんの
お誘いでスタッフがハロヲタだというBAR、

というかスナックへあっぺとお出かけしてきました。
ご存知のように緊急事態宣言下の東京ですから

そのお店も協力店として夜は8時まで、
お酒も出さない、という事で営業していまして。

なので当然、ソフトドリンク。
親子揃ってオレンジジュースでした。

まさにWe are Juice=Juiceです。
店内はいかにも、な飲み屋ですのでそんな場所で

ずっとオレンジジュースってのも変なものなんですが、
これもまた貴重な体験と思えば楽しかったです。

何より我が息子、
あっぺと同じものを飲んでるので一体感がでましたね。

お客さんさんはほぼ、
ギタハロさんと僕らだけだったので割とのんびりと過ごしつつ

スタッフのしまさんには、
あっぺの相手ばっかしてもらってたような気が。

こんなご時世じゃなかったら、お店は夜から朝までくらい
やっているらしくそれはそれは、賑やかで楽しいんでしょうが

かえって、
ゆっくり話したい人なんかにはこっちが良いんかも。

お酒が無いせいかいつもより普通のテンションな
ギタハロさんと色々と話したんですが、

僕が昔、サンデージャポンにインタビューされた映像を
頼みもしないのに、

しまさんに見せ始めた時には焦りました。
どうしたらいいかわからん・・・

困っていたら、あっぺが画面に出てきた僕を指差し
「とうちゃん!」と一言。

おかげで場が和みました。
息子に感謝です。

しまさんはハロヲタですが、
ガラス工芸作家さんでもあるらしく、お店で使っていた

グラスはご本人作の可愛いひよこのやつで、
ガラス製品と言われ思い浮かべるようなものとは

ぜんぜん違う、ファンシーな趣。
例えとして正しいかどうかわかりませんが、飴細工っぽいです。

うちの奥さんこと愛するゆかちのお店、
aruiteruの事も知って下さっていて

やはりセンスの良い人はわかってはるなぁ、と思いました。
そもそもハロヲタがいるお店、というていで行ったんですけど

ハロプロの話をするにはするんですけど
なんせライブも行けてない、ラジオも聴かない、辛うじてハロステ流し観するくらい

なので話題がなく、申し訳なかったです。
聞けばギタハロさんも、ライブ行く予定をすっぽかしたりして

似たようなもんでした。
お互い決して嫌いになったわけじゃない、むしろ好きなんですが


どういうのか、、、いちいちネット全部、前のめりに
チェックしない方なんでこうなります。


僕なんて料理する時や絵を描いてる時、モーニング娘。’21の
アルバムずっと聴いてるんですけどね。


ぜんぶコロナが悪いね、となんでもコロナのせいにしておきます。
店を出て帰り駅までギタハロさん見送ってくれたんですけど、


夜7時にして、明かりはポツポツと灯ってるだけで
酔っ払ってんのか、薬なのか、


絶叫してる女性なども見受けられまして、殺伐とした雰囲気でした。
人の数は思うより見受けられるものの、営業していない店舗を


目にすれば悲しい。
場所柄的に、いわゆる真っ当な社会生活をできない人が


集う場所でもあるわけで、それを奪うなよ、
と改めて怒りが湧いてきました。


大手を振って街を歩くような生き方ができなくても、
生きてて面白い場所があってこそ、


素晴らしい国なんじゃあないでしょうか。
医療現場の切迫は一大事で繁華街の切迫はそれよりも下か。


人の命、人の命てただ生きてればそれでいいんなら
みんな身体中に管を挿して、息だけしてればいいじゃないか。


そもそも医療現場って本当に切迫してるの?(決して報道が嘘とかそんな浅い話を
してるんじゃないです。)

・・・・・もう、いいや。
虚しくなってきました。

そんな中でも逞しく、したたかにやっているお店はある。
本当にスゴいと思います。

それで客からコロナ出たとかなったら責任問題やろけど、
結局、リスク背負うってそういう事でしか無いですもんね。

大切なんは心意気。
おしまい。








さて。
もうすっかり緊急事態宣言を

守って行動する事に呆れ果て、
イチ抜けた僕ですが、できればマスクを

とりたいです、とはいきません。
職業柄の問題もあるんですが、

何より前歯がかけていて、鼻毛も伸び放題な
身の上、加えて副鼻腔炎ときてますから

マスクはして置くに越した事ない、
重要アイテムなんです。

特に前歯と鼻毛。
この2つは日頃からみっともない、と

愛するゆかちに言われ続けている案件で
鼻毛はここ2、3年副鼻腔炎が

酷くなってから更に伸びるに任せてると
思います、だって何か

抜くのも切るのもこわいんだもの。
触らぬ神に祟りなしと言うし、

できればこのまま一生を終えたいです。
実はゆかちも、鼻毛だけは

面白がってるフシもあるので、
何もしなくてもいいかな、なんて考えて

いるんですがかけた前歯だけは、
そうもいきません。

はやく歯医者で治してもらえ、と
言われるんですがなんせ

こちらはすでに入れ歯生活始まってん
のに、面倒くささから

うっちゃってそれっきり、
義歯は水につかったままてな具合なので

歯医者に行って、怒られたくないんです。
今どき、あんま怒る歯医者も少ない

らしいんがやっぱ歯医者は嫌です。
子供みたいでごめんなさい。

子供の頃から歯をちゃんと磨けば良かった。
後悔してももう遅い。

せめてこれからは 
ちゃんとしたいと思います。

諸々の理由によりマスクはずっとしてても
問題ないんですけど、

いくら見慣れた光景とはいえ、
街中でみんながしてるのをみると、

寂しいものがありますよね。
テレビドラマなどは、コロナ騒動初期こそ

マスクしてるシーンをだしたり、
色々と影響を描いてたけど、

どんどんコロナは無い世界として
展開するものが増えてきたように思います。

誰もマスクしてない。
先頃始まった「ドラゴン桜」など、

大いに楽しんでいます。結局のとこ、
半沢直樹と同じ作りなんで

あんなに顔近づけあって
演技してたら、飛沫感染しまくりだと

思うんですけど元より関わってる人らが
気にしていないのが何となく

伝わってきます。

ちなみに日本医師会の中川という人も

言うほど気にしてないのが、
文春の報道で伝わってしまいました。

なんなんだこの茶番。
子を持つ親として、これまで

粛々と感染防止対策とやらに
従ってきた自分自身が恥ずかしいです。

医療体制が逼迫しているのは
(場所によっては)事実でしょうが

どうも日本医師会の動きを見る限り、
自粛を強いる前にやれる事は

ありそうじゃないか。
アホらし。

僕はもうとりあえず、辞めた。
対して多くもない重症化リスクを

考えて、やれ飲み会やめる、
やれ旅行やめるだの付き合いきれない。

、、あ、よく考えたらこれまでと
一緒か。

ずっとそうしてました。
で、肝心要のお国の動きですが・・・

おっと、まだそこから先の事は
調べもしてないから、

何もわからんままごちゃごちゃ言うても
しゃないのでこの辺でやめます。

とりあえず、何度も伝えてますように
少なくとも現代社会を暮らす大半の大人が、

実はあんまり気にしてないけど、
人前やSNSではとりあえず、


新型コロナ恐ろしや、の心意気で
行動してるというはよくわかりました。

こういうのなんて言うのか、、、
裸の王様?あかんあかん。

危ない危ない、もう切るよ。
おしまい。








井荻駅へ電車を見に行く。


FullSizeRender
昨日は休み。
相変わらず、朝はあっぺに起こされて

眠たいままぶーぶや電車で遊んでたんですが、
とりあえず適当なとこで切り上げて朝ごはん、

そしてそのまま家の掃除です。
仕事柄、他の方の家掃除もよくするので

どうしても仕事してるみたいな気分になるんですが、
そもそも仕事と家、概念として分けて考えるから

そう思うのであって、
分け隔てなく行動だけを捉えてみればいつもやってる事を

今もやってるだけなんだ、と思えます。
なので気にしない、、、とかなんとか書いてる時点で

めちゃ気にしてるみたいですので、もうこの辺で
やめたいんですが

実は意外かもしれませんが僕、
掃除ってそんなんに嫌いじゃないんですよ。

むしろ綺麗になってく様が楽しかったりする方です。
なんやねん、だったら良いやないか、という話でした。

ゆかちも身重なのに掃除や洗濯して、
あっぺは朝早いもんだからひとときの居眠りタイムだったんですが

途中で起きてきて彼なりに手伝ってくれました。
一歳にして掃除手伝うって将来有望です。

で、落ち着いた頃にみんな揃って荻窪とは反対、
井荻駅に電車を見に行く事にしました。

ベビーカーを出し、出ようとしたその時、
以前ゆかちが逆さにつけたドアストッパーに目が止まりました。

これドアを閉めようとするたびに落ちてきて、
いちいち足でグッと持ち上げないと閉まらないのでずっと気になってて。

ちょうど良い機会だから、と付け直そうとしたんですが
ぜんぜんハズレないんです。

しばらく格闘してたが駄目で、力入れてグッとやったら
ネジごと吹っ飛んで、なんか面倒くさい事に。

「それ、両面テープでとめてるだけだよ」

と言われたんですが、時すでに遅しでした。
だいたい、逆さにつけてそのままにしてる彼女の神経が良くわからん!

うまくできなかったもんだから
考えれば考えるほど、イライラしてきて

ムスッとしたままあっぺをベビーカーに
のっけて家を出た程でした。

今こうやって綴っていて、心底どーでも良い、
大した事ではない、と確信しています。

さすがにその時も、よく考えたらどーでも良い事
と思い直し、うっちゃって駅に着いたんです。

ゆかちはだいたい、どんな事でも殆ど気にしない、
とてもおおらかな人なのでそこが最高なんですが、

あまりに気にしなすぎて、もー!っなる。
まったく、小さい男ここにありです。

・・・・でも、毎回ドアがちゃんと閉まらなかったら
気になるもんじゃないかな・・・。

あ、さて。
そんなわけで駅に着いたら、線路沿い。

井荻駅は線路が高架になってて向こう側に行くには、
階段、またはエレベーターで降りて通ってかなきゃ行けないんですよ。

そのちょうど下へ降りる階段と線路の間に、
ちょっとしたスペースができててそこが絶好の電車見学スポットなんです。

すでに1組の親子が先にいたし、向こう側には2組いました。
あっぺちゃんもベビーカーから、線路をしきっている塀の上に乗っけてあげます。

始めてみる景色に口を開けて佇んで、言葉もありません。
待っているとさっそく電車がやってきました。

急行列車だったので、井荻駅を颯爽と通過していきます。
あっぺ、口をあけたままその電車をピシッと指さして、

右から左、見送ります。
その様がなんともいえん可愛さでした。

荻窪駅よりもこじんまりしてる分、
線路までの距離も近いので圧倒されているのか、

なんにも言わないんだけど、興奮してるのは伝わってくるから
不思議なもんです。

そのまま何本か、見送りました。
ただ電車見るだけがあんなに面白いとは思わなかったので、

新発見でした。
井荻といえば、気になるのは以前一度いった蕎麦屋。

特別美味しいわけでもない(とはいえ不味くもない)
ただの街の蕎麦屋なんですけどこないだ3人でいったら

子供にも優しいお店で、常連のおっちゃんが
昼間っから酒のんでご機嫌にやってはって、あっぺまだ

小さかったけど(今も小さいけど)よくしてくれたんですよね。
緊急事態宣言も出て、酒類禁止になってる中さすがに

あのおっちゃんはいてないやろう、、、と
入ったら居てました。

しかもおっちゃんの定位置席に。
しっかりビール瓶、乗っかってる。

「さいこー!」

さすがに声には出してないけど、拍手喝采でしたね。
それでこそ、庶民の維持。

「お久しぶりですねー!覚えてますか?」と
ゆかちがにこやかに話しかけるとどうも、というか

やっぱり覚えてないみたいな反応でしたが、
そこは井荻というローカルな土地の持ち味ですぐに思い出したっぽく。

「やりますねー!このご時世にビールw」

僕もつい調子にのって声かけると、
「いやいや、、」ちょっと慌ててはって、申し訳ない事をしました。

ゆかちがよく見たらそれはどうも
ノンアルコールのやつだったみたいで、そうかさすがのおっちゃんも

店に迷惑かけないようにしてはるんか・・・・と、
そりゃそうなんですが、少し残念でした。

とはいえ、顔はしっかり赤かったから
家で飲んでから来てはったんでしょうね。

僕は鼻の病気に効くというとろろ蕎麦、
ゆかちは三味そば、あっぺは肉じゃがをそれぞれ食べました。

やっぱあの店は良いですねぇ、

そういえば店名をぜんぜん覚えてないのが申し訳ない。

井荻周辺、オススメです。
おしまい。

















このページのトップヘ

見出し画像
×